不動産投資は家賃が下がりにくい物件を選ぶことが大切

不動産投資において収益物件の家賃が下がってしまうのは出来る限り避けたいリスクの一つです。
一般的に家賃は、立地や間取り、広さ、利便性、築年数などの要素によって決定されます。
例えば、建物の経年劣化の度合いに応じて、家賃も徐々に下がっていくことになり、平均的には1年で1%ずつ下落していくと言われています。
また、駅から遠かったり、近くにスーパーなどの商業施設がない場合も家賃が下落する傾向があります。
では、どのような不動産投資物件だと家賃が下がりにくいかと言うと、まず、駅などへのアクセスが良い環境にある物件です。
できれば駅までの距離が徒歩10分、ターミナル駅へのアクセスがある、商業施設が近くにあるといった条件の物件です。
また、人気の高い間取りであるかどうかも大切です。
例えば、トイレとお風呂が分かれているか、収納スペースが十分あるか、畳ではなくフローリングか、オートロック機能、宅配ロッカー機能などが整っているかなどが挙げられます。

キャッシングを比較して低金利を選ぶ

けん引免許 埼玉

マンションの防犯カメラをリニューアル

クレジットカードの現金化ハウツー

家庭教師 大阪

知っておきたい不動産投資を行う有効性

サブプライムに関する問題以後については不動産に対する価格が下がり、少し前では手が出なかった不動産の場合でも実現可能というの状態になってきています。
そういった中でも、収益がでる不動産は相対的に着実に家賃収入を手にできることから、不況下の場合だとしても投資物件という形で関心が集中しています。
大都市にとどまらず都市郊外部におきましても収支が可能性として確保出来る物件となれば、不動産に対する価格がダウンしている直近なら、不動産投資するタイミングであると考えられます。
低い水準の金利によって融資を享受できることも後押しとなり、いろいろな投資物件が限られた人にだけ公開する枠で水面下でやり取りされているということが現在の状況です。
デフレとなっている現在では、不動産投資をキャピタルゲインと位置付けて当てにするのはハードルが高すぎる状態となってきていまして、長い期間にわたって不動産価値を見付け出すことが求められます。

最新記事